活動方針

Ⅰ.事業方針

 当協会は、学校教育の一環である給食事業に自覚と責任を持ち、児童生徒の心身の健全な発育に寄与すべく努めてまいります。
 安全・安心でおいしい給食の提供を続けるため、協会会員の衛生管理及び調理技術の向上を図っております。
 以上の事業方針を具体化していくために、次項に掲げる5つの委員会による活動計画に基づき、協会事業を推進してまいります。

Ⅱ.委員会活動

1.総務委員会

  • (1)学校給食委員会及び関係諸団体との情報交換を密にする
  • (2)食育及び保健・栄養に関する啓発
  • (3)学校給食関連事業の調査・研究
  • (4)学校給食の損害賠償責任保険制度の拡充
  • (5)総会・理事会の運営と事務局業務の処理
  • (6)学校給食使用消耗品の共同仕入れ研究
  • (7)法人組織の発展について

2.危機管理研究委員会

  • (1)衛生管理に関すること
  • (2)食中毒の集団発生等、諸課題の調査・研究に関すること
  • (3)アレルギー事故の研究と対策
  • (4)災害時炊出し協定の推進に関すること

3.教育技術研修委員会

  • (1)学校給食関連事務取扱い講習研修会の実施
  • (2)学校給食現場における労働安全衛生講習研修会の実施
  • (3)
    • 食中毒・異物混入と予防対応策についての講習研修会の実施
    • 経営者、管理担当者、正社員、パートタイマーのそれぞれに対応した研修会を積極的に行う
    • 教育委員会、学校等の協力を得ながら実のある研修を実施する

4.広報委員会

  • (1)学校給食サービス協会のPR活動
  • (2)PR用パンフレット及びホームページの作成・改定
  • (3)衛生に関する諸情報の提供
  • (4)会員名簿の作成

5.特別委員会

  •  協会の業務執行、運営に関し必要ある時、会長は理事会に諮り、特別委員会を別に設置する

委員会活動報告実績

令和元年度委員会活動実績

<総務委員会>
  • 協賛会社選定
  • 2020年度 学校給食推奨商品及び協賛会社提案商品リスト作成
  • 学校給食推奨商品のモニタリング、検証
  • 「学校給食の手洗い設備やトイレにおけるノロウイルス対策」商品・サービス小冊子作成、会員への配布
<危機管理研究委員会>
  • 危機管理研究委員会主催「危機管理対策 情報交換会」
日時
2019年6月3日(月) 14:30~
場所
エッサム神田ホール1号館601会議室
参加者
会員各社経営者及び、学校給食担当役員クラス /30名
危機管理研究委員会 委員/5名、協会顧問/3名、オブザーバー/甲斐明美先生
参加費
無料
<教育技術研修委員会>
  • 第19回2019年(レベル別)夏期講習研修会7月22日~8月27日(14会場27講演)
  • 特別委員会にて2018/11/1より、第19回2019年(レベル別)夏期講習研修会講義資料(講演-B)作成
    講演タイトル「『働きやすい職場環境つくり~ひとつの言葉で仕事に対する意識が変わる~』」
  • 2019年開講(新規)「第1回学校給食指導者養成講座」
<広報委員会>
  • 協会ホームページ更新
  • 協会活動の広告宣伝
  • フードシステムソリューション2019/(公社)日本食品衛生協会「ノロウイルス食中毒予防強化期間」などへの協賛