定時社員総会

 令和元年5月13日、目に鮮やかな新緑の中、東京港区の明治記念館にて、一般社団法人 関東学校給食サービス協会 令和元年度定時社員総会・懇親会が盛大に行われました。
 今年度は任期満了に伴う、役員改選が行われ、総勢18名の新役員が壇上でお披露目となりました。
 懇親会の挨拶で、市川会長は「令和元年は、19回目を迎える夏期講習研修会が初のレベル別開催となり、また7月には『学校給食指導者養成講座』が新規開講する。当協会はこれからも人材育成のための教育に全力で取り組む」と力強く宣言しました。
 会場内では、総勢190名ほどの協会会員の学校給食業務の管理者と責任者、協賛会社が情報交換し合うことで親睦を深め、有意義な時間が過ぎました。

  • 会長挨拶会長挨拶:市川敏一
  • 新役員登壇新役員登壇
  • 乾杯乾杯:脇本実相談役理事
  • 中締め中締め:三澤一重副会長

新春賀詞交歓会

 令和2年1月22日 東京千代田区のホテルグランドパレス九段下にて、一般社団法人関東学校給食サービス協会主催の第18回新春賀詞交歓会を開催いたしました。  会員ら200名を超える参加者の見守る中、市川会長は冒頭挨拶で、「2019年度は『第1回 学校給食指導者養成講座』の開講により、念願の管理者クラスの教育が実現した。これからも学校給食のスペシャリストをどんどん輩出していきたい。」と述べ、新しい年度への意気込みを表しました。
 続いて、来賓を代表して2名の方にご挨拶をいただきました。
 最初に、文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課の関 百合子企画官からは、「協会会員の皆様は日々、安全・安心でおいしい給食の提供に努力されており、教育面での取り組みも心強い」と謝意をいただき、また今後は「食育の推進・2020年度からの新学習指導要領に沿った給食の提供・災害発生時の学校給食早期再開」の3点で協会への協力を求められました。続いて、関連団体の公益社団法人 日本給食サービス協会 会長 西 剛平氏からは「夏期講習研修会や学校給食指導者養成講座を通しての人材育成の業界への影響力は大きい」との言葉をいただきました。その後、脇本 実相談役理事(ハーベストネクスト㈱代表取締役社長)の乾杯の挨拶で、会は和やかにスタートしました。
 中締め後も引き続きご歓談される方が多くおられ、 賀詞交歓会は盛会のうちに終えることができました。

 
日時
令和2年1月22日(水) 17:00~19:00
場所
ホテルグランドパレス 九段下
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-1-1
式次第
式次第PDF